相続人の中に未成年者がいる場合

遺産分割協議をする際に、母親は未成年の子どもの代理人になれるのか?

未成年者は、単独で遺産分割協議をすることはできませんので、
父親が亡くなって、母親と未成年の子どもが相続人になった場合は、


“相続人の中に未成年者がいる場合” の詳細は »

相続の手続の種類について

相続の手続には、提出する機関によって提出書類が違う場合もあります

相続が発生すると、いろんな手続が必要となります。
大まかにいうと、不動産の名義変更、預貯金の解約、保険金の解約や
年金の手続、公共料金、電話などの名義変更もあります。


“相続の手続の種類について” の詳細は »

相続の効力ってどんなものがあるのだろう

横浜のかたへ相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継しますよ。

(相続の一般的効力)
第八百九十六条 相続人は、相続開始の時から、被相続人の財産に属した一切の権利義務を承継する。ただし、被相続人の一身に専属したものは、この限りでない。
“相続の効力ってどんなものがあるのだろう” の詳細は »

法定されている相続人のことをまず覚えるのだ

横浜の方へ、相続開始後3ヶ月以内に相続の手続の進め方は決め名kればなりません

相続人が,自己のために相続の開始があったことを知ったときから3か月以内に相続財産の状況を調査してもなお、相続を承認するか放棄するかを判断する資料が得られない場合には、相続の承認又は放棄の期間の伸長の申立てにより、家庭裁判所はその期間を延長することも可能です。
“法定されている相続人のことをまず覚えるのだ” の詳細は »

相続の遺産の分割協議というものの位置づけとは

横浜の遺産分割協議は専門家にお任せください。ただし、信用できるところに行ったほうがいいでしょう。

相続人全員で遺産分割協議をして、どのように配分するかを決めます。民法でも、”法定相続分”という配分の割合が定められていますがこの遺産分割協議の方を優先しています。

例えば、配偶者と長男、長女が相続人の場合、民法では配偶者1/2、長男1/4、長女1/4の配分です。
“相続の遺産の分割協議というものの位置づけとは” の詳細は »